制作ポリシー

相談を受けたクライアントからよく聞くのは、アクセスがあがらない、良いデザインだけれど検索にかからない、お問い合わせが少ない等様々ですが何故でしょうか?
それは、戦略が何も無いからで、つまり、誰に見てもらいたいのか何を見てもらいたいのか何を伝えたいのか? など最低限必要な条件は作成前に考える必要が有ります。

HPに訪れる人のうち、殆どが検索サイト(GoogleやYahoo)からの訪問者です。
そこで検索に強いサイトにするために様々な策を講じますが、これをSEO対策と云います。
SEO対策には様々な手法が数多くあり、SEO対策と簡単に言い表す事が出来るものでもありません。HPの作成前にしておく事も大切です。なので制作前にクライアントと綿密な打ち合わせをしてHPの方向性、特徴、要望、キーワード,コンテンツなどを決定します。
検索エンジン最適化とは?

内部SEO

まず大前提として
SEO内部対策とは、ユーザーにとって最も見やすく使いやすいページ構成及びサイト構造を実現することです。 そして使いやすく見やすいサイトを作ることです。
1.サーチエンジン・ロボットが読み込み易いW3Cに準拠した正しいHTMLでページを構成します。 W3C  XHTML
2.独自ドメインを取得 (△△△.com みたいに)独自ドメインとは会社・お店の顔みたいなものです! またHPの倉庫となるレンタルサーバーの取得も必要です。
3.過剰な装飾は避けます  
クローラー、スパイダー(SEOサーチロボット)が巡回してきますがサーチロボットはデザイン、装飾、フラッシュなどを見て検索する訳ではありません。むしろ過剰に装飾を施すとブラウザーが重くなりサイトの表示時間が遅くなります。これはむしろSEO上逆効果となります。またページの開示が遅い原因として貧弱なレンタルサーバーの使用があげられます。レンタルサーバーはシッカリ容量のある高機能サーバーを使用しましょう。
 

外部SEO

サイトを多くの人に知ってもらうこと
SEO外部対策ととして、ソーシャルメディアやPPC広告などの外部手段を使って、必要とするユーザーにあなたのサイトを知ってもらう事も大切です。
外部からリンクされるHPに作り上げます。(外部のページからリンクされる事によりHPの格が上がります。特に同じカテゴリーからのリンク)又、リンクを沢山貼ればよいというものでもなく場合によってはスパム行為と見なされ検索圏外に弾き飛ばされてしまう事もあります。なので地道に良いリンクを貼ることが大事です。

HPの継続

結果が出るのは業種によっても変わりますが早い物で3ヶ月位。中には3日という物もあります。
過去のクライアントで3ヶ月で効果がなければHPを閉鎖すると云われた方もありましたが、HPは特効薬ではありませんのでその他の広告媒体と掛け合わせて考えるのが得策かと思います。
継続は力なり!HPを開設している事自体が信用になります。

検索キーワードの選定

大変重要です!

キーワード

例えば (屋根)を例に挙げましょう。
検索ワード3語で検索するとして (姫路、屋根、瓦) とします。
姫路に屋根、瓦屋さんは五万とあります。上位検索可能でしょうか?これだけでは恐らく上位表示は難しいと思います。ならば!
屋根は屋根でも 『●●●の屋根、姫路』ではどうでしょうか?
大当たり!!  Google,Yahoo で一位表示です。
この様に検索ワードの選定でガラッと変わってきます。(これを有効にするにはタグの貼り付けが必要です)ですので このあたりが方向性、戦略という事につながってきます。

シンプルで見やすいページ

 かっこいいHP, 粋なHP、こんなHP いいな~!! 
そうです!誰もが憧れます。たしかにホームページにおいてデザイン性は重要です!
 が・・・ここに落とし穴があります!
デザインを凝るばかりに(装飾)デザインに時間をとられ中身が無いページ 
色んなサイトを見ていてその様なサイトは大概遊びがてらにやっているとか、或るいは制作料、宣伝料がいくら掛かっても問題としないサイトであることを認識せざるを得ません。
SEOサーチエンジンの事を クローラー、スパイダー などと呼ばれますが、検索する時 ロボットはデザインなどは見ていません。又、写真などはあくまで写真です。ましてやフラッシュ(最近少なくなりました)など検索対象に非ずです。
なので過剰な装飾は必要なく 見る人がいかに気持ちよく見る事が出来るか が重要です!

Googleのポリシーというのは 
価値のあるサイトを上位に表示させて人々から信頼を得ることです。(あくまで作り手側の立場ではなく見る側の立場で評価されています。モバイルフレンドリーもその一環です)
なのでコンテンツ、中身のないサイト、為にならないサイトなどはお構いなしに弾き飛ばされてしまいます。言うなれば検索上位に表示されているサイトは好いサイトといえます。
キーボード入力 検索

SEO対策は万全と言いながらも対策が乏しい

そもそもSEO対策とは何ぞや?

   [check]検索エンジン最適化 
  (ウィキペディアにリンクします)
なかなか一言では言い表す事が難しい奥の深い物です。
例えば、ホームページで編集したものをクローラー、スパイダーが読み込むのですがこの時しっかりとしたHTML構文でないとクローラー、スパイダーは読み込めません。(ただ見た目だけでは分かりませんがHtmlのチェッカーテストしてみると直ぐに判別できます)

そこで謳い文句が SEO対策、ホームページ制作会社のページをテストしてみますと いかにいい加減な構文で作られている会社が多いのかが判ります。(テストしてみると約60%近くのページが読み込み不可能とかエラーだと分かります! これではSEOを謳い文句の制作会社の名折れですね。)創ingは大丈夫ですよ!! 
その他、CSSであったりとか、キャッチコピー、コンテンツ、ドメイン、更新履歴、リンク、サイトの年齢 等様々な要素が絡み合ってSEOが成されます。早い話が 言い換えてみれば 
[check]SEO = いかに見る人の立場でサイトを構成・制作・公開されているか 
という事です。

HP公開したまま放ったらかし状態

SEO対策は万全と云いつつ検索順位が下がるのは何故か?
HPは公開してそれでよし!ではありません。公開してからが重要なんです。
仮に公開時は上位に表示されていたページでも1年間何もしないで放置していると化石化してしまいます。
例えば月を目指して宇宙船が飛ぶとします。月に着くまでに何十回となく軌道修正をします。それと同じでHPも目標に到達する為に何十回となく修正を重ねていきます。又、適度に更新も必要です。
この辺りがホームページ制作会社の選定に関わってきます。
制作会社によっては¥49,800で作りますとか、¥30.000~ですとか色々あります。
しかしこの程度の手間賃で責任を以って上位表示させる事が可能か??? という事です。
仮にstudio 創ing にそれを置き換えてみれば(制作して はい!さようなら~)ならば出来なくもないですが弊社はその様なことは出来ません。
仮にHP公開後上位検索表示(例えば5番目)されていても1番表示を目指し切磋琢磨いたします!

使用するシステムはGoogleと相性がよく、W3C  XHTML に準拠したシステムで構築するのでSEOサーチエンジンのクローラー、スパイダーが心易く認識してくれます。依って上位検索表示を実現します!

モバイルフレンドリー

Googleがスマホ対応しているサイトを検索結果で優遇するようになり、一気にレスポンシブデザインの必要性が高まりました。  (モバイルフレンドリーテスト)  
早い話がスマホに対応しているか否かで検索順位が変わるというものです。しかし実施後の現在一長一短で意見が分かれています。
スマホ街角風景

★★★ Web Studio 創ing が選ばれる理由

弊社の売りはハッキリ言って 【上位検索】 です! 
 単なる制作は引き受けておりません。
Web Studio 創ing のホームページ制作は検索上位表示を目標に H.P構築・企画・立案・制作・保守管理を行いお客様と共に一心同体となり協力を惜しむ事なく精一杯最後までホームページの運営に関わっていく事を主眼としており、引き受けた仕事は誠心誠意 上位表示を目指し作成いたします。
弊社がお客様に選ばれる理由には まず上位検索をほぼ確実にしているという事です。

検索上位(3ページ以内)に上がるのは早くて1ヶ月位ですがそれから以降も引き続き更に上位を目指し切磋琢磨いたします!
又、クライアント様にホームページを引渡した後も小修正しながらも更に上位に表示される様に努力いたします。
また成約率を上げていく為にもコンサルティング等も対応しており結果が出るホームページ創りである事があげられます。

いずれ Web Studio 創ing 制作のホームページの効果に実感されたお客様の笑顔と感謝のお言葉が戴けるのを心よりお待ち致します。
 

検索に強く集客できるHP

 戻る 次へ


a:1792 t:1 y:0